福利厚生ご担当者様へ

その福利厚生は
『時代の変化』に
追いついていますか?

1,200を超える企業·団体の福利厚生制度をサポートしてきたイーウェルが
貴社の悩みを解決します!

※2017年4月現在

たとえば、このような悩みを
抱えていませんか?

福利厚生に関する悩み

日本における少子高齢化に伴い、
「健康寿命の伸長」「女性の活躍」
「高齢者の社会進出」が叫ばれる中、
福利厚生制度の見直しで
課題を解決するケースが
増えています。

しかし、まだまだ検討が
進んでいない様子です

アンケート結果

イーウェルが実施した調査に基づくと、人事担当者が持つ課題感(青棒グラフ)と、
企業の法定外福利厚生費の配分(赤折れ線グラフ)には、大きな差があることがわかりました。

これには、以下の3つの原因が考えられます。

1
トレンドや、他企業の事例などの情報が足りず、具体的な検討に至らない

2
予算配分をリバランスするための社内説得材料が足りない

3
どのように仕組みを変えれば課題を解決できるかわからない

このままでは駄目だと分かっているが、
どこから手をつけるのが良いか、わからない

これまで1,200を超える企業·団体の福利厚生の
仕組み作りをサポートしてきたイーウェルが、
以下の3ステップで貴社の悩みを解決します。

※2017年4月現在

STEP1

見える化

費用の見える化

費用の見える化

現状、どのような制度にいくらの費用が掛かっているのかをリスト化します。

従業員ニーズの見える化

従業員ニーズの見える化

各年代、世代の従業員が働き続けるにあたり、どのような不安を抱えているか。パソコン、スマートフォン、紙面など、どのデバイス・メディアであれば活用できそうか、アンケートをとります。

貴社らしさ、の見える化

貴社らしさ、の見える化

貴社らしさをどのように表現して、従業員に伝えるべきか、経営層にインタビューします。

さらに

3つの見える化したデータについて、クロス分析を行い、以下の視点でイーウェルがレポートを行います。

  1. ①どの層の従業員に対して、
  2. ②どの程度の費用を使い、
  3. ③どのようなメディアを使って、
  4. ④どういったメッセージを伝えるのが、

貴社にとってベストか。

STEP2

提案・構築

最適な仕組みの構築

最適な仕組みの構築にあたって、イーウェルは福利厚生業界大手として幅広いソリューションを展開しています。

これらのソリューションを貴社の課題に応じて適切に選定し、組み合わせて最適な福利厚生の仕組みを提案します。

イーウェルのソリューション

STEP3

定着化支援・運用

PC・スマートフォン

周知・浸透を幅広くサポート

ポスター・リーフレットをはじめとした告知物は勿論、社内説明用のプレゼンテーション資料作成、印刷など、従業員への周知・浸透を促進する様々なご要望にお応えします。

オペレーション

煩雑なオペレーション業務の代行

構築したポータルサイトのログイン情報や、WELBOX・カフェテリアプラン等のお問い合わせについては、イーウェルの松江・米子のオペレーションセンターが受け付けます。

また、構築した仕組みの保守・メンテナンスについては、これまで数々の企業への導入・運用実績をもつイーウェルが、そのナレッジを存分に活かし、責任を持ってサポートします。

導入実績

イーウェルのサービスは、以下のような企業様にご利用いただいています。

※掲載順は順不同

お客様の声

イーウェルのサービスをご利用いただいている企業様・団体様から喜びの声が届いております。

川崎重工業株式会社

 

どのようなことに悩んでいたのか?

従業員のライフスタイルや価値観が多様化している中で、カフェテリアプラン導入以前の福利厚生制度では画一的で様々なニーズに対応しきれずに従業員間で利用頻度の格差が生じ、不公平感を生みだしていました。
こうした状況を受けて、限られた福利厚生予算の中で従業員満足度が得られる効率的で平等な福利厚生制度を、従業員に対して提供していくことが必要となっていました。

どうやって課題を解決したのか?

カフェテリアプランに係る原資は導入以前の福利厚生予算をスクラップアンドビルドすることで費用を捻出し、新たな費用は発生させずに進めました。
また、各世代・ライフスタイルに応じた選択肢をWELBOX・カフェテリアプランで提供することによって従業員の満足度向上を図りました。

これから

2008年度以降、カフェテリアプランの利用率は90%以上を維持しておりますが、従業員のニーズが変化していく中、制度や運用を変えていく必要があるかと思います。
イーウェル様、それからユーザー企業の皆様とともに、”求められる福利厚生制度”を継続し、従業員の活力、生産性の向上につなぐことができればと思っております。

イーウェル様は、福利厚生制度全般の知識に加えてサービス開発・法改正・情報システム・給与計算などのノウハウが豊富で、弊社の制度や特徴に合わせた運用にカスタマイズをしていただき、大変助かっております。今後もより良いパートナーとしてご協力よろしくお願い致します。

塩野義製薬株式会社 

何に困っていたのか?

事業主・健康保険組合・共済会がそれぞれ、福利厚生制度を提供していて、従業員にとっては分かりづらく、運営をする側にとっても非効率的な状況でした。

どうやって課題を解決したのか?

それぞれの主体が提供するコア制度を明らかにした上で、整理統合する制度を柔軟に運用するため、カフェテリアプランを導入して、従業員の選択肢を広げました。

なぜイーウェルを選んだのか

当時、事業主・健康保険組合・共済会の制度を整理統合する、というのは非常に難易度の高いプロジェクトでした。
どうやってそれを遂行するか、という具体的な提案を各社様にお願いした際に、最も優れた提案をして下さったのが、イーウェル様でした。

これから

カフェテリアプラン導入から10年が経過し、 従業員の嗜好が変化してきている中で、 今後のメニューをより良いものにしていきたいと考えています。 また、2014年には「シオノギ健康宣言」を発表しており、 事業主として健康保険組合と タッグを組んで健康経営に注力しています。 そのためにも、イーウェル様の協力を得ながら事業を進めてきたいと考えています。

学校法人藤田学園

法人本部人事部厚生課
服部様 松本様 川嶋様 吉村様

藤田保健衛生大学、藤田保健衛生大学看護専門学校、藤田保健衛生大学病院、坂文種報徳會病院、七栗記念病院、藤田記念七栗研究所、中部国際空港診療所などを擁する医療系総合学園。

どのようなことに悩んでいたのか?

かつての手当を中心とした学園の福利厚生制度は、実際に恩恵を受けている教職員が一部に限られており、公平感が担保されてない、経営面においても予算管理がしにくいなどの問題がありました。そもそも教職員の働きやすさに充分につながっていないのではないかという疑問もありました。

どうやって課題を解決したのか?

福利厚生の教職員への公平性の担保、支出費用額の把握、そして何よりも制度自体の魅力をアップさせ、ワークライフバランスを重視した環境にしたい。それらすべての課題を解決させる制度として期待を寄せたのが『カフェテリアプラン』でした。

どのような効果がみられたか?

カフェテリアプランを導入し費用管理がしやすくなったことで、安心して教職員に積極的なPRを展開することができるようになりました。その成果もあって、導入初年度から利用率90%という高い実績を維持することができています。特に学園が創立50周年を迎えた2014年は、カフェの仕組みを有効に使い、特別報酬として通常の約2倍のポイントを付与しました。特別メニューを加えたことも相まって利用率がさらにアップするなど、教職員の満足度向上に効果を発揮しました。

これから

導入4年目に入り、外部環境の変化や教職員の意見を反映させるため、一部メニューをリニューアルいたしました。今後は様々な職種に対応でき、すべての教職員が満足できるようなメニュー設計を目指し、また、忙しい医師や看護師などにとっても簡単に申請ができる、使いやすいカフェテリアプランにしたいと思っています。

イーウェル様には、導入当初から学園の福利厚生制度の改革のためにご助力いただいております。様々な情報提供や、職場ニーズをとらえたメニュー提案、より良いカフェテリアプランの運営にも非常にお世話になっております。今後ともよろしくお願いします。

株式会社フジテレビジョン

導入後、何が課題となったか?

限られた一部の利用者が、集中的に宿泊プランを活用したことで、補助金の予算が超過。偏った補助金運用が問題となりました。またワークライフバランスも求められる中、改めて補助金の運用方法が課題となりました。

どうやって課題を解決したのか?

宿泊利用制限の導入と、補助対象となる施設の増加により、利用者層を広げ、公平性を担保しました。
また、ベビーシッター等の育児補助制度を厚くする事で、子育てをしながら働く層を支援しました。

効果はあったのか?

宿泊利用制限を設けたことで、当初は利用者減少を想定していたが、実際は利用者層が広がり、補助金も抑制できました。また、子育てしながら働く女性も多く、育児補助制度はママ社員たちのクチコミ効果もあり絶大な支持を得ており、今ではライフサポートサービスメニュー全般に活用が広まりました。

イーウェルのコンサルタントについて

予算や外部環境に応じて、パッケージサービスを当社にあわせてカスタマイズする提案を随時してくださり、非常に助かっています。

お問い合わせ・資料請求

ご連絡先

ご住所

当社サービスをどちらでお知りになりましたか?

興味のあるサービス

お問い合わせ内容(必須)

福利厚生アウトソーシングの導入について

現在検討中の場合
月 頃導入予定

カフェテリアプランの導入について

現在検討中の場合
月 頃導入予定

ご入力いただきました個人情報につきましてはお問合せへのご対応、弊社サービスのご案内の目的にのみ利用し、第三者へは提供いたしません。

尚、個人情報のご提供はお客様ご本人の任意となりますが、ご入力いただけない場合、資料の送付などができませんので、予めご了承ください。

また、お預かりした個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去および第三者への提供の停止(以下「開示等」という)の請求、または、苦情・ご相談を受けた場合、ご本人であることを確認のうえ対応いたします。
個人情報に関する開示等および苦情・ご相談は以下の窓口までお願い致します。

株式会社 イーウェル 個人情報お問合せ窓口 privacy@ewel.co.jp

ご同意いただける場合のみ、チェックをしてお進みください。

上記事項および弊社「個人情報のお取り扱いについて」に同意する