代表メッセージ 代表メッセージ

企業の福利厚生代行ニーズの高まりを受けて2000年に誕生したイーウェルは、ベンチャースピリットを発揮しながら、 社会の変化に応じて次々と新しいサービスを提供してきました。2001年に提供を開始した「WELBOX」や「カフェテリア プラン」などの福利厚生サービスは、今では多くのお客さまからご好評をいただいています。また、優良な顧客基盤を活用 したCRMサービス、健診事務を代行する健康支援サービスにも早くから取り組み、さまざまなサービスを通して“働く人” をサポートしてきました。

人口減少・高齢化が進み、企業にとって労働力の確保が課題となる昨今、健康経営や働き方改革が叫ばれ、私たちの“働く 環境”は大きく変化しています。AI(人工知能)やRPA(ロボットによる業務自動化)などの技術革新は、労働の概念すら変え てしまうかもしれません。そのような事業環境のなか、私たちは人生100年時代における「組織と人の健康づくり」をお手 伝いする存在であり続けたいと考え、2018年に新たな企業理念とビジョンを策定しました。

イーウェルが実現したい未来は、私たちに関係するすべての人が幸せで活力ある社会です。狭義の“健康”という概念を “ウェルネス”と捉え直し、新たな企業理念に「健康社会の実現」を掲げました。働く人とその家族、そして企業と地域に 寄り添い、健康で豊かな社会を実現することは、私たちの存在意義そのものです。その実現に向けて、「“あったらいいな” から“なくてはならない”存在へ」という基本方針を掲げ、個人や企業・地域が“ウェルネス”になる仕組みづくりに取り組ん でいます。これまでに培ってきたノウハウを有機的に結びつけ、お客さまの課題を解決するコンサルティング力とそれを 実行するオペレーション体制を構築し、“ウェルネス”があふれる社会の実現を目指します。

私が日々意識しているのは、私たちのサービスを受け取るのも、提供するのも“人”であるということです。イーウェルを 支えているのは、社員ひとりひとりの力に他なりません。「健康社会」を掲げるリーディングカンパニーとして、社員自身 が生き生きと働き、新しいことや面白いことにチャレンジし続けられる環境づくりに注力してまいります。

イーウェル(EWEL)という社名は、「E-Businessを活用したWelfare(福利厚生)サービス」に由来します。いま私たちは 「E-Welfareを提供する会社」から、社会に貢献し続ける、なくてはならない「E-Wellnessを提供する会社」へと進化を してまいります。

今後ともご支援とご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

株式会社イーウェル
代表取締役社長

サイン