社員紹介

働き方Q&A

 

松江・米子センター



板持 努

ITAMOCHI TSUTOMU

2011年入社
経営学部 卒

 

ビジネス・企画 板持 努

Q. 普段どんな仕事をしていますか?

A. 私が所属するオペレーションセンターではイーウェルのサービスをクライアント企業やその従業員に利用いただくために必要となる事務の仕事(本来企業の人事や総務部門が行う仕事)を弊社で代行しています。その中で私は健康支援サービスの運用に携わっています。各地の病院から送付される請求書と、クライアントから入金される金額が一致しているかを確認したり、月に1回、クライアント企業向けに請求書を作成したりしています。月に何万人のも対応をしています。 実際に電話口で作業にあたるスタッフの方の意見を聞き、応対システムの修正案などをまとめながら、効率や品質の向上を目指しています。

Q. これまでの仕事を通じて、やりがいを感じことや大変だったことはありましたか?

A. 直接受診者様より感謝の言葉をいただく機会は少ないのですが、クライアントを通じてイーウェルの対応を感謝・評価していただいた時にやりがいを感じます。2年前までは、私自身も受診者の皆さまと直接やりとりをさせていただく業務をしていました。その際に、「相手の立場に立って物事を考えること」、そして「相手に理解していただけるように、専門用語をわかりやすくご説明すること」の大切さを学びました。 自分がほかの業務をしている時でも、まずはしっかり顔を向けて話を聞き、問題解決に向けて前向きに取り組むことを心がけています。

Q. なぜイーウェルを就職先として選んだのですか?

A. 「自分が本当は何をしたいか?」については迷っていいましたが、地元で働きたいという気持ちがありました。福利厚生という、馴染みのないサービスを展開している会社ではありましたが、広告や新聞等でイーウェルのことを知り、HPで見て業務内容に興味を持ちました。第一印象は、「社員一人ひとりが生き生きと仕事をしている」でした。入社した年は、ちょうど島根県にオペレーションセンターが新設される年でもあり、「立ち上げから共に取り組めそう」という期待感も大きかったです。

Q. 今後イーウェルで挑戦したいことはどんなことですか?

A. イーウェルバリューの「チャレンジ」「誠実」「プロ意識」「チームワーク」「自主性」を兼ね備えた人になりたいと思っています。そのためには、より積極的に業務の効率化を図ったり、同僚の社員と知識や経験を共有したり、業務に専念したいですね。

Q. ずばり、イーウェルの好きなところは?

A. 働きやすい環境があることです。 自分の意見を言いやすく、困ったとき、分からないときに対応方法の相談がしやすい環境があります。

ビジネス・企画 板持 努

Q. イーウェルを一言で表すと

A. 「多彩」
個性が豊かな社員が多いですし、職場の雰囲気も明るいため。また、業務内容も幅広く常にチャレンジしている企業だから。

Q. 就職活動中の学生へメッセージ

A. やりたいことを探すためには、やりたくないことも含め、まずは何にでもチャレンジすることが大事だと思います!そうすることで、視野が広がり、自分自身の成長にもつながり、自身のやりたいことも発見できると思います。