社員紹介

働き方Q&A

 

システムエンジニア



井上 優介

INOUE YUSUKE

2012年入社
情報工学科 卒

 

ビジネス・企画 井上 優介

Q. 普段どんな仕事をしていますか?

A. 今はシステム保守をメインに開発も担当しています。例えば、クライアントへ提供する福利厚生の料金システムに変更があった場合、クライアント企業の担当者が操作できる設定ツールですべての設定を変更できるわけはありません。補助金額などの条件が複雑に絡む場合があります。その際はこちらでフォローし、エラーが出ないようにしたり、エラーに対応したりします。 福利厚生はサービス範囲が広く、しかもそれらの大部分をシステム的に「関連付けていく」必要があります。大変な反面、広い範囲の知識がどんどん深まっていくのはおもしろいですね。

Q. これまでの仕事を通じて、やりがいを感じことや大変だったことはありましたか?

A. システムが意図しない動きをした時、その原因を突き止めることができると、楽しいです。以前、特定の設定期間の項目を「無限」に設定していると、あるタイミングでエラーが起こることを発見し、改修したのですが、そのような時は達成感があります。 ソフトウェアだけでなく、ミドルウェアやハードウェアにも業務の中で関わることができることも私にとって大きな魅力です。総合的にエンジニアとしての能力が伸びたと感じています。時として、社内に知識を持っている人がいないシステムを調査しながら改善していかなければいけないこともあります。それでも、新しい知識を取り入れながらの作業は大変ですが、やりがいも大きいです。

Q. なぜイーウェルを就職先として選んだのですか?

A. もともと、高等専門学校で情報処理を学んでいたので、「システムに関する仕事」であり「人が喜ぶ仕事」をしたいという気持ちがありました。 イーウェルは自社でサービスを開発している会社なので、自分のやりたいことを形にできると思いましたし、手がけるシステム自体が利用者に対して役立つものだと思えたので、入社を決めました。

Q. 今後イーウェルで挑戦したいことはどんなことですか?

A. インフラやミドルウェアに関する知識をよりつけていきたいです。システムの根本となる部分を理解し、開発をする上で、より自由にもの作りができるようになることを目指しています。

Q. ずばり、イーウェルの好きなところは?

A. もの作りに関わっている実感があるところ。自社でサービスを運営しており、若手の意見でもしっかり聞いてくれ、今まで何度も自分の企画提案が通ることがありました。自分が納得したものを作ることができていると感じています。

ビジネス・企画 井上 優介

Q. イーウェルを一言で表すと

A. 「フレンドリー」
社員が皆仲良く、上下関係を強く意識することなく仕事ができています。しかし、学生時代の仲の良さとは異なり、重要な場面では自分の役割を的確にこなすことができると思います。

Q. 就職活動中の学生へメッセージ

A. 好きなことを伸ばしていくことが、最終的に自分の力になると思います。 私は学生時代にゲームをするためにPCを自作したり、少しでも快適になるよう設定変更をしたりすることで、ハード~ミドルに関する基礎知識を身につけることができ、実業務でハード~ミドルに関する箇所を任される機会となりました。なので、学生時代には自信が好きなことを突詰める!結果、それが仕事でも活かすことができる自身の強みになると思います。