社員紹介

働き方Q&A

 

ビジネス・営業

<営業推進本部>


鶴田 晃平

TSURUTA KOHEI

2011年入社
総合情報学部 卒

 

ビジネス営業 鶴田 晃平

Q. 普段どんな仕事をしていますか?

A. 新規の営業活動では、福利厚生の提案・構築をしています。また、CS活動では、福利厚生サービスがより活性化するように、分析・改善提案を行います。 以前、東京の東日本営業部にいたときに痛感したのは、全国規模のクライアント企業に対しては、さまざまな場所でサービスを利用されることを常に想定して、サービス構築をすることが重要だということです。そうしないと、都市部で働く社員に偏ったサービスに見えてしまい、クライアント企業全体で見たときに社員のモチベーションに偏りが生じてしまいます。。どこで働いている社員にも使いやすいサービスを目指して提案・コンサルティングを行っています。

Q. これまでの仕事を通じて、やりがいを感じことや大変だったことはありましたか?

A. 嬉しかったのは、全国規模のクライアント企業へのサービス導入に関われたことです。導入準備はとても大変でしたが無事サービス提供を開始することができました。そのタイミングに異動になってしまったのですが、送別会の席で「あなたがいたから作れた」という感謝の言葉をいただいたときには、大きなやりがいを感じました。 「福利厚生」という商材は、企業の人材戦略の手法となるため、営業してすぐに導入いただけるものではありません。お客様のお話を聞き、お手伝いできることがあれば誠心誠意対応していく。それこそが大切だと思います。

Q. なぜイーウェルを就職先として選んだのですか?

A. 就職活動時には、「型にはまった就活」「ネコをかぶった就活」はしない、と決めて、本音をぶつけるようにしていました。イーウェルの面接では、「堅苦しいのはやめましょう」と言っていただけて、私の本質を見抜こうとしてくれたように感じましたし、私自身の姿勢を評価してくれたと感じました。 また、多くの人の役に立てる企業であると感じたことも、大きな理由になりました

Q. 今後イーウェルで挑戦したいことはどんなことですか?

A. もっと世の中の人々の役に立ちたい、という想いがあるので、イーウェルのサービスをもっと多くの方に広めていきたいと思います。そのためには、クライアント企業のさまざまな声を深く聴くことが大切だと感じています。クライアント企業の声に真摯に向き合い、新たな提案、新たなサービスを生み出して行きたいです。

Q. ずばり、イーウェルの好きなところは?

A. 意見を出しやすい風土です。社長を含め様々な職制・特性の従業員がいますが、社員同士の距離感が近く、皆が良いサービスを提供するために関わりあい、意見を出し合うことができます。

ビジネス営業 鶴田 晃平

Q. イーウェルを一言で表すと

A. 「発展途上」
世の中の人々のために、良いサービスを生み出そうと日々努力を続けている企業であり、社員のために、働きやすい会社になろうと貪欲に行動している企業だから。

Q. 就職活動中の学生へメッセージ

A. いろいろな情報が雑音のように入ってくると思いますが、振り回されずに自分としっかり向き合ってください。その上で自分の「考えの軸」をしっかりもって活動するといいと思います。