雇用の維持・創出を図るためには、「雇用の源泉である企業の事業活動の柔軟性確保」や「多様な就業機会の創出」の観点を重視し、バランスのとれた政策としていくことが不可欠です。経団連は具体的な見直しの内容をとりまとめ、政策提言として発表しました。