近年の晩婚化や子育て世代の収入減少等、出産・子育て環境の変化の中、男性の育児参加や夫婦間のコミュニケーションが必要とされる現状から、保育サービスのニーズの高まりが推察されます。