医学博士 日本医師会認定産業医 米山 裕子

 

今年は酷暑ですね。熱中症で救急搬送される方も多くなっているようです。
そこで、今回は熱中症に関して、まとめてみました。

熱中症は子供や高齢者だけでなく、職域でも発生します。
熱中症について正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

<職域における熱中症発生の現状>
下のグラフは職場における熱中症による死傷者数の推移です。

出典:厚生労働省 職場における熱中症による死傷災害の発生状況 より

 

暑い年には熱中症で亡くなる場合があるという現状が分かります。

業種別に分けると、以下のように建設業・製造業が多く、全体の5割がこれらの業種で発生していること分かります。

出典:厚生労働省 職場における熱中症による死傷災害の発生状況 より

 

 

<熱中症の基礎知識>
 職域でも熱中症は多く見られることが分かったところで、熱中症に関する基礎知識のおさらいをしていきましょう。

厚生労働省のホームページでは、「熱中症」は、「高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。」とされています。

熱中症を引き起こす条件を考えると、比較的分かりやすいかと思います。

その条件は「環境」「からだ」「行動」の3つです。
・「環境」の要因は、気温が高い、湿度が高い、風が弱いなどがあります。
・「からだ」の要因は二日酔いや寝不足、下痢や低栄養状態などがあります。
・「行動」の要因は、激しい労働や運動によって体内に著しい熱が生じたり、暑い環境に体が十分に対応できないことなどがあります。

 

 

<熱中症の症状>
 以下のような症状が一つでも出たら、熱中症の可能性を考えましょう。

①めまい立ちくらみ
②手足のしびれ
③筋肉のこむら返り
④体のだるさ吐き気頭痛
⑤汗のかき方がおかしい(ふいてもふいても汗がでる、あるいはまったくかかない)
⑥体温が高い皮膚が赤く乾いている

重症になると返事がおかしい意識消失けいれんからだが熱いといった症状が出ます。

 

<個人でできる熱中症予防>
どんな人でも熱中症にかかる危険性がありますが、正しい予防法を知り、普段から気を付けることで防ぐことができます。

給水喉が渇いていなくてもこまめに水分を取りましょう。特にスポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は水分の吸収がスムーズにできます。ただし、医師から水分や塩分の制限をされている場合は、よく相談の上、その指示に従いましょう。

休憩:適宜休憩を挟み、連続作業時間を短くするようにしましょう。

声かけ:作業中の「大丈夫?」「休憩しよう!」「水飲めよ!」などの声かけが重要です。

前日のアルコールの飲みすぎアルコールの飲みすぎには要注意です。

睡眠不足に注意:ぐっすり眠ることで翌日の熱中症を予防しましょう。体調不良の時には休むようにしましょう。

朝食はきちんと食べよう:人は寝ている間に汗をかくなどにより約500ml以上の水分を失うと言われています。
朝食をとれば水分・塩分を効率的にとることができます。

 

<企業でできる熱中症対策>
WBGT値の低減:WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperatureとは、熱中症を予防することを目的に作られた指標で、湿度、日射輻射(ふくしゃ)などの熱環境、気温の3つを取り入れた指標です。

休憩場所の整備

熱中症の教育:労働者に熱中症の正しい知識を伝えましょう。

労働前の体調チェック:働くまえに体調のチェックをするようにしましょう。チェックリストを作っても良いですね。

熱中症になった場合の緊急連絡網の作成および周知
労働者を高温多湿作業場所において作業に従事させる場合には、労働者の熱中症の発症に備え、あらかじめ、病院、診療所等の所在地及び連絡先を把握するとともに、緊急連絡網を作成し、関係者に周知しておきましょう。

 

 

<熱中症になったら>
万が一、熱中症を疑わせる症状が現われた場合は、涼しい場所で身体を冷し、水分及び塩分の摂取等を行いましょう。必要に応じ救急隊を要請し、医師の診察を受けさせてください。

出典:厚生労働省 職場における熱中症の予防について より

 

 

<参考文献>
厚生労働省 熱中症関連情報https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html

環境省 熱中症予防情報サイト
http://www.wbgt.env.go.jp/

職場における熱中症による死傷災害の発生状況https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11303000-Roudoukijunkyokuanzeneiseibu-Roudoueiseika/0000125407.pdf

職場における熱中症の予防についてhttps://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei33/

 

 

■米山 裕子  略歴

東京女子医科大学医学部卒
昭和大学大学院医学研究科修了
医学博士 日本医師会認定産業医
「一人一人の人生をできる限り後悔しないようにするための
お手伝い」をすることを目標に日々産業医として邁進している