医学博士 日本医師会認定産業医 米山 裕子

最近暑くなってきましたね!
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 今回はタバコ依存症について取り上げたいと思います。
喫煙者の方にぜひやっていただきたいテストがあります。

こちらをまずはやってみましょう。

項目 1点 0点
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。 はい いいえ
2 禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか。 はい いいえ
3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。 はい いいえ
4 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、憂鬱、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手の震え、食欲または体重増加) はい いいえ
5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。 はい いいえ
6 重い病気にかかって、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。 はい いいえ
7 タバコのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか。 はい いいえ
8 タバコのために精神的問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。 はい いいえ
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。 はい いいえ
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。 はい いいえ

出典・Kawakami N, Takatsuka N, Inaba S, et al. Development of a screening questionnaire for tobacco/nicotine dependence according to ICD-10, DSM-Ⅲ-R, DSM-Ⅳ. Addict Behavi 1999; 24: 155-166
・循環器病の診断と治療に関するガイドライン(2003-2004年度合同研究班報告). Circulation Journal 2005; 69 Suppl. Ⅳ: 1019-1020


 これはタバコ依存症スクリーニング(The Tobacco Dependence Screener;TDS)というテストです。
10点満点で、5点以上だと、タバコ依存症である可能性があります。

みなさま、いかがでしたでしょうか。
私は週4回、ある製造業の会社で産業医して働いていますが、面談していて徐々にと社員さんと仲良くなると、「タバコ、やめられなくて・・・」という話が出てきます。

 ある社員さんは「タバコを吸う時間が無くなったらなにをすれば良いか分からない」「喫煙場所が情報交換の場所だからな・・・」「でも体に悪いのは分かってる」と言っていました。

みなさん、タバコの害は分かっているけれどやめられない。

 最近は東京オリンピック開催の影響もあり、飲食店でのタバコの扱いに関して議論されています。
会社として、敷地内全面禁煙になっているところもありますよね。

徐々にタバコを吸う方は肩身が狭くなっているようです。

 検索エンジンで「タバコ やめる方法」を検索すると、いろいろな方法が出てきます。
その中で、今日は「禁煙外来」をご紹介したいと思います。
「禁煙外来って、何するの?」という方も多いのではないでしょうか。

 医師と一緒に禁煙に取り組み、12週間の期間中に5回の診察を受けるのが基本です。

禁煙補助薬を使ったり、医師からアドバイスを貰ったりして禁煙に取り組みます。

 前述の社員さんは、禁煙外来に行って、見事に卒煙されました。

「タバコがおいしくなくなった」、「ご飯の味が分かるようになった」、「お小遣いの余った分をコツコツ貯めている」「通帳をみると嬉しい」と教えてくれました。

もちろん、禁煙外来という“初期投資”は必要ですが、将来的には“お小遣いを貯め”、国内旅行、そして海外旅行も夢ではないかも!?

お金のことももちろんありますが、なによりご自身・ご家族の健康が守られるということが一番うれしいですよね。

5/31は世界禁煙デー、5/316/6は禁煙週間です。

この文章が個人の禁煙、さらには企業の禁煙に繋がることを願いつつ・・・。

 

■米山 裕子  略歴

東京女子医科大学医学部卒
昭和大学大学院医学研究科修了
医学博士 日本医師会認定産業医
「一人一人の人生をできる限り後悔しないようにするための
お手伝い」をすることを目標に日々産業医として邁進している