健康

【開催報告】健康経営関連資格 認定支援サービス説明セミナー

hedda

11月22日に開催しました本セミナーでは、健康経営のサービサーにおけるフロントランナーである当社が持つ多くの知見をもとに、先進企業の事例を中心とした、健康経営のより実際の現場に近い内容をご紹介しました。

【急激に高まる、健康経営認定取得のニーズ】

平成26年に経産省と東京証券取引所の共同の取り組みである「健康経営銘柄」に引き続き、平成28年より「健康優良法人ホワイト500」が、スタートしました。 この動きを受け、今回のセミナーについても、応募者多数による抽選となるほどの、お申込みがありました。

特に、認定取得に対するニーズは極めて高く、セミナー参加者の98%が、取得に興味がある、と回答しています。

gurafu1

しかしながら、申請経験のある企業は多くなく、申請方法がわからない、業務負荷が大きく取り組めない、取組む意義に対する社内説得ができない、などを理由として、出遅れてしまっているといった状況が垣間見えました。

gurafu2

今回は、そのような企業の皆様の課題を少しでも解決できれば、と業界に先駆けて健康経営領域の課題解決に取り組むことで培ってきた多くの事例の紹介は勿論、当社が独自に調査・作成した事例集を無料配布いたしました。

※ご興味がある方は、こちらまでお問合せください

gurafu3

また当社では、上記の通り、多くの企業が課題と考えている、健康経営の認定取得を支援を通して、社内の健康情報・課題整理および課題解決のコンサルティング・サービス導入をワンストップで支援するサービスをこの秋にリリース致しました。

「健康経営の担当者にアサインされたが、何をすればよいかわからない」、「健康経営を進めていきたいが社内を説得できない」といったお悩みをお持ちの方は、是非一度、お問合せください。

>>健康経営をワンストップで支援するサービスはこちら