福利厚生

レジャー白書2016 日本人の余暇活動の現状~「ジョギング、マラソン」人気が復活~[日本生産制本部]

「国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)」(5,500万人)が、5年連続首位となった。北陸新幹線、シルバーウィークなどが追い風となった。「ジョギング、マラソン」は2014年28位から19位に順位を上げるとともに、参加人口も50万人増えて2,190万人となった。

レジャー白書短信 第4号[日本生産性本部]

日本生産性本部から発表されている今回のレジャー白書短信第4号では、東日本大震災前後での観光・行楽の各種目に積極的に取り組んでいる人の推移をまとめています。年5回以上「国内観光旅行」に出かける旅行者の割合は?どの年齢層の参加率が高いのか?また、「海外旅行」の参加率の動きなどについてもみることができます。

レジャー白書短信 第3号[日本生産性本部]

日本生産性本部から発表されているレジャー白書短信の第3号が公開されました。 今回は「最も重視する余暇活動」の分析結果がまとめられています。職業別(自営、勤め人、専業主婦・主夫、学生など)でみた重視している余暇活動に、どのような違いが出るのかを明らかにしています。

第58回 福利厚生費調査結果報告[経団連]

経団連より昨年11月に発表されました福利厚生費調査概要に続き、詳細報告が発表されました。 法定福利費は13年度に8万円台を超えましたが、法定外福利費は減少傾向にあり、09年度以降2万5千円台で推移しています。その内訳は、1980年度以降「住宅関連」が最も多く、「ライフサポート」「医療・健康」と続く傾向にほぼ変化はありません。

2013年度(第58回)福利厚生費調査結果の概要[経団連]

経団連が毎年発表している福利厚生費調査。2013年度について概要が発表されました。 福利厚生費は前年度比1.9%増で過去最高額となり、法定福利費は2.9%増で調査開始以来はじめて8万円を超えました。また、法定外福利費は抑制傾向が続き1.1%減となりました。

レジャー白書短信 第2号[日本生産性本部]

日本生産性本部から発表されている前回のレジャー白書短信 第1号では、30~40代「団塊ジュニア世代」の余暇活動の分析結果でしたが、今回の第2号では、10~20代の若年層が参加したい余暇活動の分析です。団塊ジュニア世代に比べ、若年層は女性の余暇活動への参加率が高く、例えばSNS等のデジタルコミュニケーションで特にその傾向が強いという特色がみられます。

レジャー白書短信 第1号[日本生産性本部]

公益財団法人日本生産性本部余暇創研が刊行している「レジャー白書」の第1号短信では、団塊ジュニアと呼ばれる仕事も子育ても真っ盛りの世代の、余暇の過ごし方、潜在需要、余暇時間に対する考え方の分析結果がまとめられています。
特に、現在よりも今後「自分の能力向上や学習のため」に余暇時間を費やしたいと考える割合が“既婚者・子供有り・女性”に高いという結果が興味深いところです。